発泡酒は危険だ。

 梅雨が明けたころ、常連の患者さんが  「体がだるい」と言って来院しました。  施術をすると、肝臓のスジが凝っています。  話を聞くと、  「ビールを止めて、発泡酒に変えた。」そうです。  ビールを飲んでいた時は毎日2本飲んでいたのに、  肝臓は凝っていませんでした。  発泡酒は毎日1本しか飲まないのに、  肝臓が凝るようになりました。    happousyu  それから  「肝臓のコリと発泡酒には因果関係があるのでは?」  と疑うようになりました。  肝臓が凝っている患者さん10人に、  何を飲んでいるか聞いたところ、  なんと全員が発泡酒を飲んでいました。  明らかに因果関係あり、ですね。  私の考えでは、発泡酒を飲み続けると、  肝臓が次第に凝り固まって、やがて肝硬変になり、  最後には肝臓ガンになるだろう、と予測します。  価格の面から発泡酒を選ぶ方が多いと思いますが、  発泡酒よりも、ビールの方が美味いし、  肝硬変や肝臓ガンの心配も少ないので  医療費の出費のことも考えると  ビールの方が、むしろ節約になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

このページの先頭へ