林田民子に大和魂を見る

長崎に原爆が投下された今日、胸のスカッとする記事
を読みました。
桐沢 凛々子さんの記事を転載させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
林田民子

熊本県に林田民子という女性がいました。

 

 明治37年生まれの民子は25歳の時に、ピクチャーブ
ライド(アメリカに移民した男性と写真だけでの結婚)
でアメリカに渡ります。

 渡米の船の中で、講道館柔道から派遣された太田節三と
出会い、渡航中と渡米後に柔道を習います。

当時は排日運動の激しかったアメリカで日米友好のため
必死に働きますが、世界情勢は徐々に日本を開戦に追い
込んでいきます。

 

 太田節三と林田民子等は世界平和基金財団をつくり、敗
色濃厚になった故国日本の今後のために、アメリカ政府
に一生懸命働きかけます。 やがて、日本はポツダム宣言
を受諾して無条件降伏をします。

 

 トルーマン

その年の9月2日、ホワイトハウスに招待された林田民子
はトルーマン大統領に小さな声で語りかけます。

 

林田民子「大統領閣下、何故広島と長崎に原爆を投下され
     たのですか?」

 

トルーマン「20万人を超える若いアメリカ兵の命を救う
     ためです。」

 

林田民子「日本は既に無条件降伏を決めていました。 何故
     20万人ものアメリカ兵が死ぬのでしょうか?」

 

 

トルーマン「抗戦派の抵抗も考えられ、これ以上戦争を長引
     かせては、若いアメリカ兵の命が危ないと判断し
     たからです。」

 

林田民子「大統領閣下、貴方は嘘を言われています。 マリア
     ナにある戦略爆撃司令部は、ポツダム宣言に対す
     る返事があるまでは原爆の投下はあり得ないと明
     言していました。」

 

トルーマン「それは若いアメリカ兵20万人の命を・・・」

 

 

林田民子「大統領、貴方は日本が無条件降伏することを既に知
     っていた。 それなのに、何故、原爆投下を命じたの
     ですか?
      ヤルタ協定で日本に侵攻することになっていたスタ
     ーリンへの警告のためだったのでしょう。」

 

 

トルーマン「そんなことはない。 すべてアメリカ兵20万人の
      命を守るためだ。」

 

 

林田民子「大統領、貴方には日本人の命などどうでもよかったの
     です。原爆投下によって20万人以上の人間が死傷す
     ることは、初めからわかっていたのです。

     貴方が虫けら同然と思っている日本人が20万人死ん
     でも、貴方にはどうということはなかったのです。
      あなたは人体実験をしたかっただけなのです。

       スターリンに、アメリカに逆らうとこの原爆がモス
     クワに落ちるぞと警告をしたかった。

       ただそれだけのために20万人以上の日本人を犠牲に
      したのです。

      20万人のアメリカ兵の命を守るためなんかではない! 
     大統領、貴方は今世紀最大の悪魔です!」

 背負い投げ

民子は大統領の胸ぐらに手を伸ばすやいなや、綺麗な背負い投げで
投げ飛ばした。

 

 叫びとともに音楽が止んだ。

 

 慌てて民子を取り押さえようとしたスティムソン陸軍長官も一本背
負い で宙を舞った。 全員が立ちすくんだ。

 ピストル

 突然「バン!」と乾いた音がして、民子の胸が赤く染まった。
民子は胸に手をやり、音のした方向に視線を向けながら崩れるように
床に倒れた。

 

 林田民子は一命をとり止め、太田節三とともに収監された。
日本人ではあったが、林田民子はサザンパシフィック鉄道の役員であ
ったこともあり、アメリカ独立戦争当時の功労者であるバニング家と
のつながりもあり、世 界平和基金財団の代表理事でもあることから、
強制収容所送りを免れ、OSS(米国戦略事務局)の研究員として終
戦後の処理方法の研究に携わった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

このページの先頭へ