<教育勅語について考える>

教育勅語  天皇
高校の同級生にS君がいて、頭は良かったのだけれど、
どういう訳か右翼的な思想を持っていました。論理的
な会話はするのですが、昭和天皇に畏敬の念を持って
いました。

私の家にも仏壇の前にこんな写真が飾ってありましたが、
皇室アルバムという番組を見ると不条理を感じ、昭和天
皇はどうも・・・っていう感じでした。

私は平成天皇の方が人間的に好きですね。


そのS君に教育勅語についてどう思うか尋ねられ、私は
教育勅語なんて知らないからどんな内容か教えてくれ、
と言いました。

朕惟(おも)フニ、我ガ皇祖皇宗、國ヲ肇(はじ)ムルコト
宏遠ニ、徳ヲ樹(た)ツルコト深厚ナリ。

我ガ臣民、克(よ)ク忠ニ克(よ)ク孝ニ、億兆心ヲ一ニシ
テ世世厥(そ)ノ美ヲ濟(な)セルハ、此レ我ガ國體ノ精華
ニシテ教育ノ淵源亦(また)實ニ此ニ存ス。

爾(なんじ)臣民、父母ニ孝ニ、兄弟ニ友ニ、夫婦相和シ、
朋友相信ジ、恭儉(きょうけん)己(こ)レヲ持シ、博愛衆
ニ及ボシ、學ヲ修メ業ヲ習ヒ、以テ智能ヲ啓發シ徳器ヲ
成就シ、進デ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ、常ニ國憲ヲ重ジ國
法ニ遵(したが)ヒ、一旦緩急アレバ義勇公ニ奉ジ以テ天
壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スベシ。

是ノ如キハ獨リ朕ガ忠良ノ臣民タルノミナラズ、又以テ
爾(なんじ)祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン。

斯ノ道ハ實ニ我ガ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ、子孫臣民ノ倶
(とも)ニ遵守スベキ所、之ヲ古今ニ通ジテ謬(あやま)ラズ、
之ヲ中外ニ施シテ悖(もと)ラズ。朕爾(なんじ)臣民ト倶(と
も)ニ拳々服膺シテ、咸(みな)其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾
(こいねが)フ。

明治二十三年十月三十日
御名御璽

これを聞いて教育勅語の本質が、一旦緩急アレバ義勇公
ニ奉ジ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スベシ。

これって天皇のために死ねってことでしょ??

S君は、お前よくわかるなぁ、と答えましたが、知的なS
君でも洗脳されてしまう教育勅語って怖いと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

このページの先頭へ