狭心症

はじめに

狭心症2

当院は、私の過去26年、延べ12万人を超える施術
経験を元に、さまざまな症状の患者さんに対応してき
ました。

私が経験した狭心症について、当院の考え方や治療方
針をまとめてみました。じっくりお読みください。

 

狭心症って何なの・・・?

狭心症は、発作的に胸の痛みや圧迫感などの症状を
起こします。

 

狭心症の原因

血管が狭くなることにより、心臓の筋肉に十分な血液や
酸素が送り込めない時に、起こります。

 

狭心症の症状

狭心症

胸の奥が痛い、胸が締め付けられる、押さえつけられ
る、胸が焼けつく、などの胸部に症状が現れますが、
上腹部の痛み、背部の痛み、喉の痛み、左肩から腕に
かけての痛みやしびれ、などもあります。

 

当院の考え方

左背部、頚部、左胸部に凝りが認められます。この凝
りが、心臓の筋肉の血流を妨げていると考えています。

普通の整体やマッサージでは対応できないと思います
ので、やはり病院へ行くことをオススメします。
しかし改善しない時は、ご相談ください。

 

当院の治療法

治療法は、これらの筋肉の凝りを取って、心臓への血
行が改善すれば、症状は改善すると考えます。

 

患者さんの声

K.Hさん
<主婦>

「2回施術を受けたら…」
(狭心症で来院されました)

家事をしているとき、急に胸が締め付けられて、息苦しくなりました。2回施術を受けたら、そのような症状はでなくなりました。

 

お気軽にお電話ください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ