生理痛

はじめに

生理痛+1

当院は、私の過去26年、延べ12万人を超える施術
経験を元に、さまざまな症状の患者さんに対応してき
ました。

私が経験した生理痛について、当院の考え方や治療方
針をまとめてみました。じっくりお読みください。

 

生理痛とは

生理痛は、生理の期間に起こる下腹部、腰痛など骨盤
を中心とした部位の痛みのことを言い、生理初日から
2~3日目にピークを迎えることが多いです。

生理痛があるということは、身体の何かのバランスが
崩れているということの合図であると言えるでしょう。

 

生理痛の原因

生理というのは妊娠の準備のためにくるものです。成
熟した卵胞から卵子が飛び出すことによって排卵が起
きます。排卵後には黄体ホルモンを分泌して、子宮内
膜を整えます。

生理痛2

この時にもし着床、妊娠しなかった場合、不要になっ
た子宮内膜が血液と共に排出されるのです。生理痛は
この血液を子宮が押し出そうと収縮する為に起こる痛
みです。

生理の時は、子宮内膜からプロスタグランジンが分泌
されますが、このホルモンは多すぎると必要以上に子
宮を収縮させます。そのため、子宮の血流が悪くなっ
て生理痛が起こると言われています。

 

生理痛の症状

生理痛の症状はお腹が痛くなったり、腰が痛くなった
り、足が膨らんだりと人によって様々です。それと同
様に、症状の重さにも個人差があります。中には会社
や学校に行けないほどの痛みを感じる方もいます。

1.下腹部の痛み
2.腰痛、腰にずっしりとした重み
3.頭痛
4.吹き出物

この他にも様々な症状がありますが、多くは月経の1
日目、2日目に下腹部に鈍痛がする症状が出ます。

この際、痛みだけでなく下痢や便秘、吐き気や頭痛
さらに目眩などが起こる場合もあります。

 

生理痛の予防法

生理痛や生理不順などの改善方法は、血液循環を改善
し、ホルモンバランスを整えることです。これらによ
って症状は緩和されます。

生理痛3

そして血液の循環を良くする為に、鉄や銅、亜鉛、ビ
タミンE等を多く含む、ゴマやナッツ類、サプリメン
トを摂取すると良いでしょう。

ビタミンEは生理痛を和らげる作用のある物質を含ん
でいます。そのため、特に生理の周期が分かっている
ようであれば、早めに摂取しておくと生理痛も軽減す
るでしょう。

また大豆イソフラボンやビタミンB6、カルシウムは
ホルモンバランスの改善に効果があると言われます。

血液の循環を良くするために、カイロなどを貼ったり
するのも効果的です。血行が悪いと生理痛だけでなく
肩こりや浮腫なども起こりやすくなってしまうため、
出来るだけ体を温めるようにしましょう。

カイロを貼る箇所で1番お勧めなのは腰ですが、生理
痛で腹痛を感じている場合は、おへその下に貼るよう
にしましょう。

 

当院の考え方

整体やマッサージの考え方は、子宮の血流が悪くなっ
て生理痛が起こるならば、子宮の血流を改善させれば
生理痛は改善すると考えています。

 

当院の治療法

生理痛の方は、子宮のツボにコリを認めます。コリを
ほぐすことによって、子宮の血液循環を促して、症状
を改善させます。

 

患者さんの声

M,Tさん
<会社員>

「疲れも残らなくなり、生理痛も改善しました」
(生理痛で来院されました)

いつも肩が凝って、疲れやすく、生理痛に悩まされていました。通院するうちに、肩こりも感じなくなって、疲れも残らなくなり、生理痛も改善しました。

 

お気軽にお電話ください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ