腰痛

はじめに

当院は、私の過去26年、延べ12万人を超える 施術経験を元に、さまざまな症状の患者さんに対 応してきました。

私が経験した腰痛について、当院の考え方や治療 方針をまとめてみました。じっくりお読みください。

 

腰痛の原因は・・・?

腰痛には、ぎっくり腰のように突然おこる急性腰痛症
から、繰り返し起きる慢性腰痛症まであります。
腰痛2 中には、腰のせいではなく、内臓の疾患のせいで腰に
痛みが出るケースもあり、その原因、程度、頻度も様
々です。

以前は、明らかな背骨の疾患や、内臓が原因の痛み以
外の腰痛は、関節や筋肉の損傷や負担が原因という見
方が主でしたが、近年ではそれだけではなく、心理的
な影響社会的な影響も腰痛の原因に関わっているので
はないかという見方も多くなってきました。
腰にも内臓にも検査で異常がみられなくても、精神的
ストレスだけで腰痛が起こるケースもあるようです。

 

腰痛の対処法

(急性の腰痛症の対処法)

① まず、氷を袋に入れて冷やしてください。

② そして、冷湿布を貼ってください。

③ 膝を曲げた姿勢で横になって、安静にしてください。

④ お風呂に浸からないで下さい。シャワーはOKです。

⑤ 少し落ち着いたら(2,3日後)、来院してください。

 

(慢性の腰痛症の対処法)

慢性の腰痛症の多くは、深部の筋肉が凝っているため
浅い部分の筋肉をほぐしてからでないと、触知できな
かったり、内臓のコリと関係していたり、いろいろな
場合があります。

 

当院の考え方

整体やマッサージへ行っても、なかなか改善しないこ
ともあります。入院して手術しても、スッキリしない
こともあります。

複数の原因で腰痛が発生していることも多く、すべて
の原因箇所に対処しないと、スッキリしません。

 

当院の治療法

1)まず腰部の浅い部分の筋肉のコリをほぐします。

2)次に、腰部の深い部分の筋肉のコリをほぐします。

3)さらに臀部、大腿部、下腿部の筋肉をほぐします。

4)最後に、腹部のスジをほぐします。

すべての原因箇所を探し出してほぐせば、
納得のいく結果がでます。

 

腰痛の予防法

腰痛の予防法として、

重量挙げ

①重いものを持ったり、床のものを拾う時、必ず膝を
 曲げてください。

②腰を真っ直ぐにして、膝と脚に力を入れて物を持っ
 てください。重量挙げのスタイルです。

③脚の力が弱くなると、膝を曲げるのが億劫になるの
 で、週に3回ほどスクワットしてください。

 

患者さんの声

E.Sさん
<主婦>

「まっすぐ起き上がることが出来るようになりました」
(腰痛で来院されました)

何年も前から、朝起きる時、腰が痛くてまっすぐ起きることが出来ず、体を横にしてゆっくりと起き上がっていました。2回施術したら、腰の痛みは完全になくなり、まっすぐ起き上がることが出来るようになりました。

N.Mさん
<会社員>

「施術後すぐに腰が軽くなり…」
(腰痛で来院されました)

10年ほど前にぎっくり腰になって、それから慢性の腰痛症になり、いつも腰に重だるい痛みがありました。施術後すぐに腰が軽くなり、前屈するときに感じた痛みもすっかり消えました。驚きました。

 

お気軽にお電話ください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ