脊椎分離症

はじめに

腰痛5

当院は、私の過去26年、延べ12万人を超える施術
経験を元に、さまざまな症状の患者さんに対応してき
ました。

私が経験した脊椎分離症について、当院の考え方や
治療方針をまとめてみました。じっくりお読みくだ
さい。

 

脊椎分離症って何なの・・・?

ほとんどの場合が腰(第五腰椎)に起こるのですが、
何かしらの原因で脊椎の椎弓部が骨折、または分離し
た状態を脊椎分離症といいます。

10~15歳の成長期でスポーツ選手および愛好家に頻度
が高く、骨の発達が不十分な時期の腰部への繰り返す
負担による疲労骨折と言われています。

 

脊椎分離症の原因

分離症

これは骨が完全に形成されていないときに、
生理的な許容度を超えて腰に力が加えられる
ことによって、分離することが多いです。

しかし、何%かの人は痛みもなく、無症状で
生涯を送る人もあり、未だに不明な部分も多
く、完全にそのメカニズムが解明されていま
せん。

成人で分離を起こす人は、持続的に腰を使う
ような仕事や、瞬間的に腰を反らすようなこ
とをした時が多いようです。

 

当院の考え方

脊椎の分離やすべりの状態があったとしても、何%か
の人は痛みもなく、無症状で生涯を送る人もあります。
これは分離やすべりのある部分の腰の筋肉に、コリが
ない場合、痛みもないのでは、と考えています。

つまり脊椎分離症と診断されて痛みがあっても、その
部分の腰の筋肉のコリをほぐして、腰椎に力が加わら
なければ、腰椎が普通の状態に戻り、改善すると考え
ています。

 

当院の治療法

1)まず腰部の浅い部分の筋肉のコリをほぐします。
2)次に、腰部の深い部分の筋肉のコリをほぐします。
3)さらに臀部、大腿部、下腿部の筋肉をほぐします。
4)最後に、腹部のスジをほぐします。

すべての原因箇所を探し出してほぐせば、腰が普通の
状態に戻ります。

 

患者さんの声

(N,Yさん 20代 女性 事務員)

いつも体がだるくて、腰が痛かったので、ネットで調
べて、くろだ整体院に行ってみようと思った。はじめ
て治療を受けてみると、少し体が軽くなった。何回か
通院するうちに、腰の痛みがなくなった。
そして、朝起きるのが楽になった。今では休みの日も
体を動かすようになり、日帰りで博多までコンサート
に行ってきました。

 

お気軽にお電話ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ