うつ病

はじめに

うつ病+1

当院は、私の過去26年、延べ12万人を超える施術
経験を元に、さまざまな症状の患者さんに対応してき
ました。

私が経験したうつ病について、当院の考え方や治療方
針をまとめてみました。じっくりお読みください。

 

うつ病って何なの?

人はさまざまな出来事が原因で、気持ちが落ち込んだ
り、憂うつな気分になることがあります。しかし、数
日経つと回復し、また元気になります。

ところが、原因が解決しても、落ち込んだままで、気
分が回復せず、憂うつな気分が続く場合があります。

日常生活をするのが難しくなったり、思い当たる原因
がないのに、うつな状態になるのが、うつ病です。

 

うつ病になりやすい人

・まじめで仕事熱心
・完全主義で几帳面
・仕事や家事を人任せにできない
・融通がきかない(柔軟性に乏しい)
・人にどう見られるか非常に気になる

 

精神的な症状

1、物事をするのがおっくうで早く出来ない
2、集中力が落ち、仕事を能率よく出来ない
3、人に会いたくない、人と一緒にいたくない
4、寝ても覚めても、同じことを考える

 

身体的な症状

不眠症2

1、眠れない、頭が重い、頭痛、めまい
2、食欲不振、胃の不快感、便秘、口が渇く
3、肩こり、背中や腰の痛み
4、息苦しい、動悸
5、手足のしびれ、寝汗や嫌な汗が出る
6、排尿困難、性欲低下、月経不順など

 

うつ病の原因

うつ病の方は、例外なく首と頭と内臓が凝っています。

首や頭が凝るということは、目の疲れやストレス、生
活の乱れ、不眠、肩こりなどが、原因かもしれません。

内臓が凝るということは、食生活の乱れも関係してい
ると思います。「冷たいもの」「甘いもの」「脂っこ
いもの」を食べると、内臓が凝って疲れてしまいます。

 

当院の考え方

病院と併行して治療されることを、オススメします。

・まず病院で医師の診断を受ける。
・説明を聞く。
・処方された薬は飲む。
・そして休養する。

頭痛や肩こり、不眠、食欲不振などの症状に関係して
いる筋肉や内臓のコリをほぐし、再び凝らないように
食事に注意する。

・甘いもの
・冷たいもの
・脂っこいもの   に注意して下さい。

 

当院の治療法

うつ病の方は、背中、腹部、頭部、頚部にコリが見ら
れます。
コリ=緊張なので、身体的な症状とともに、
精神的な症状が現れます。

当院では、身体の筋肉やスジ、内臓、頚部、頭蓋骨を
調整することにより、うつの原因となる緊張を取り除
き、不快な症状を回復させて、うつ病の状態を回復さ
せます。

うつ病がなおるまでのパターン

但し、回復したという自覚症状が無いことと、回復
したり悪化したり、繰り返すので長期の通院を要し
ます。

 

患者さんと接するためのポイント

① はげましは逆効果 。温かく見守りましょう。
② 考えや決断を求めることはやめましょう。
③ 外出や運動を無理にすすめず、とにかくゆっくり
  休ませましょう。
④ 重要な決定は先のばしにさせましょう。
⑤ 家事などの日常生活上の負担を減らしてあげましょう。
⑥ できるだけ通院に付き添い、受診に同席しましょう。
⑦ きちんとくすりをのむように気をつけてあげましょう。

 

自分で出来るケア

① 自分自身を知る。
② 完ぺきを目指すのでなく、「八分目ぐらいが
  ちょうどいい」と考える。
③ 物事に優先順位を付ける。
④ 何でも自分だけで抱え込まない。
⑤ マイペースの生活をする。
⑥ 生活に大きな変化があったときは、要注意

 

患者さんの声

S,Aさん
<団体職員>

「元気が出て働けるようになりました」
(うつ病で来院されました)

いつも体がだるくて、疲れやすくて、頭痛がして、仕事を続けることが出来ず退職しました。何回か施術を受けたら元気が出て働けるようになり、家の近くに職場も見つかって、現在働いています。

 

お気軽にお電話ください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ