慢性の下痢

はじめに

下痢2

当院は、私の過去26年、延べ12万人を超える施術
経験を元に、さまざまな症状の患者さんに対応してき
ました。

私が経験した慢性の下痢について、当院の考え方や治
療方針をまとめました。じっくりお読みください。

 

慢性の下痢ってどんなの・・・?

下痢とは、便の水分量が増えて液状から泥状になった
状態で、約3%の人に見られます。

一般に4週間以内の下痢を「急性下痢」、それ以上続
く下痢は「慢性下痢」と呼ばれています。

下痢1

慢性下痢にはストレスからくる神経性のものや、全身
的な病気の一症状、または薬物の副作用による腸内の
炎症など、さまざまな原因が考えられます。

 

当院の考え方

普通の整体やマッサージで対応できないと思います。
まず病院へ行くことをオススメします。しかし余り改
善しないこともあります。その時は、ご相談ください。

冷たいものや油っこい物を食べると、内蔵に負担がか
かり、内臓が凝り固まってしまいます。小腸や大腸が
凝り固まって機能が低下し、水分吸収出来なくなって
下痢になると考えています。

凝り固まった小腸や大腸を調整すれば、機能が回復し、
症状も改善すると考えています。

 

当院の治療法

腰部の筋肉や内臓の凝りをほぐし、水分吸収が出来る
ように内臓を調整して、症状が改善するよう対応して
います。

 

注意点

①冷たいものを、飲まない。
 温かいものを、食べる。
 油っこいものも、減らす。

②体を冷やさない。

 

患者さんの声

T,Mさん
<高校生>

「緊張すると腹が痛くなって…」
(慢性の下痢で来院されました)

昨年の夏から下痢気味になり、テストの時とか緊張すると腹が痛くなって、試験の途中にトイレに行かねばならなくなり、悩んでいました。4回施術を受けたら、緊張しても腹痛も下痢も、しなくなりました。

N.Tさん
<会社員>

「7年ほど前から…」
(慢性の下痢で来院されました)

7年ほど前から、お腹の具合が悪かったのですが、4回ほど施術したら、お腹の調子が整って正常になりました。

 

お気軽にお電話ください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ