乗り物酔い

はじめに

車酔い

当院は、私の過去26年、延べ12万人を超える施術
経験を元に、さまざまな症状の患者さんに対応してき
ました。

私が経験した乗り物酔いについて、当院の考え方や治
療方針をまとめてみました。じっくりお読みください。

 

乗り物酔いって何なの・・・?

乗り物酔いとは、バスや自動車、飛行機、船など乗り
物に乗っている時に、気分が悪くなる症状のことで、
顔面蒼白になり、吐き気や冷や汗が出て、ひどくなる
と嘔吐などの症状が現れます。

 

乗り物酔いの原因

乗り物の振動や加速、体の傾斜などは、内耳の三半規
管でとらえられますが、頭の位置と目から入る情報に
ズレが生じ、頭が混乱して乗り物酔いが起こります

 

当院の考え方

乗り物酔いする人は、例外なく胃が凝り固まっています。
胃が凝り固まって蠕動運動しなくなると、胃の中の胃液や
食べ物が、乗り物の揺れと共に揺れて、気分が悪くなった
り、吐きそうになったり、吐いてしまうと考えています。

胃の凝りをほぐし、蠕動運動が出来るように調整すれば
症状が回復すると考えています。

 

当院の治療法

乗り物酔いで、整体やマッサージに行く人は、まずい
ないでしょう。しかし、乗り物酔いも筋肉のコリが関
係しています。

乗り物酔いする方は、背部と胃にコリが見られます。
まず背中の筋肉をほぐし、その後で胃を調整します。

胃の凝りをほぐし、蠕動運動が出来るように調整す
れば、症状が回復すると考えています。

 

注意点

車酔い2

① 睡眠不足や過労、ストレスに注意しましょう。

② 甘いものを食べると、胃が凝るので、普段から甘い
 ものを食べないよう注意しましょう。

③ 寝る3時間前には、何も食べないようにしましょう。

④ 食べ過ぎると、胃が疲れて凝り固まってしまうので、
 食べ過ぎに注意しましょう。

 

患者さんの声

Y,Mさん
<主婦>

「車酔いしなくなり、快適な旅行が出来ます」
(乗り物酔いで来院されました)

旅行の時バスに乗ると車酔いするのですが、旅行の前に施術を受けると、車酔いしなくなり、快適な旅行が出来ます。

 

お気軽にお電話ください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ