慢性胃炎

はじめに

慢性胃炎2

当院は、私の過去26年、延べ12万人を超える施術
経験を元に、さまざまな症状の患者さんに対応してき
ました。

私が経験した慢性胃炎について、当院の考え方や治療
方針をまとめました。じっくりお読みください。

 

慢性胃炎って何なの・・・?

慢性胃炎は、胃の粘膜が次第に萎縮したものです。
ピロリ菌の感染だとする説が主流ですが、私は食べ
物が原因と考えています。「冷たいもの」「甘いも
の」「脂っこいもの」を食べると、胃が凝ってしま
います。

ずばり「冷たいもの・甘いもの・脂っこいもの」の
食べ過ぎが原因です。

 

慢性胃炎の症状

多くみられる症状として、上腹部不快感、膨満感、
食欲不振などの不定愁訴と呼ばれる症状です。

では、どうすれば良いか?

 

慢性胃炎の予防法

慢性胃炎

胃が凝らないようにすれば良いのです。胃が硬く凝る
原因として考えられることは、やはり食事です。

甘いものに注意して下さい。冷たいものや脂っこいも
のも要注意です。たばこコーヒー、アルコールも控え
た方が良いでしょう。

また、夜の食事を食べてから、すぐ寝るのも胃に負担
を架けます。

寝る前4時間には、食事を終えて、胃をからっぽにし
て寝てください。食事の時は、30回ほど噛んで食べま
しょう。

 

当院の考え方

慢性胃炎は、胃の萎縮性変化です。もっと簡単に言うと
胃が凝っているということです。

普通の整体やマッサージでは、対応できません。現代医
学でも、根本的な治療法はないとされています。

しかし胃が凝っているならば、ほぐせばよいと考えてい
ます。

 

当院の治療法

胃が凝ってしまったら、胃の調整をして、症状が改善する
よう対応しています。

内臓調整整体の得意とする分野です。

 

患者さんの声

H,Mさん
<パート>

「胃の痛みもなくなり、体が楽になりました」
(慢性胃炎で来院されました)

ビールを飲んでいたら、次第に胃が痛くなって、気分が悪くなりました。施術を受けると、胃が凝っているのがわかりました。施術後、胃の痛みもなくなり、体が楽になりました。

I.Kさん
<会社員>

「胃のもたれもなくなり、すっかり体調も整いました」
(慢性胃炎で来院されました)

胃がもたれて体がだるくて仕方がなかったのですが、3回施術したら、胃のもたれもなくなり、すっかり体調も整いました。

 

当院の考え方

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ