頚椎症

はじめに

 
当院は、私の過去26年、延べ12万人を超える施術
経験を元に、さまざまな症状の患者さんに対応してき
ました。
 
私が経験した頚椎症について、当院の考え方や治療方
針をまとめてみました。じっくりお読みください。

 

頚椎症とは・・・?

頚椎症
頸椎の椎体骨の骨棘(とげ状の突起)形成、椎間板の
後方突出、靭帯の石灰化、骨化などによって、脊髄か
ら出て肩や腕に行く神経根または脊髄自身が圧迫・刺
激を受ける病気です。

 

頚椎症の原因


頸椎の変化は主に加齢や外傷が原因で起こります。加
齢による頸椎の変化には個人差がありますが、一般的
には、中高年者で多く発症します。

 

頚椎症の症状

頚椎症2
症状が急激に現れることはなく、頸部の症状から始ま
り、肩や首の筋肉が緊張し(肩こりなど)、圧痛がみ
られます。また、頸部の前屈や後屈時に首から肩、上
肢に放散痛が現れます。
上肢の症状としては、上肢の痛みとともに脱力感、疲
労感、手指の感覚異常、冷感、こわばりを感じること
があります。

 

当院の考え方

脊髄から出てくる神経根が筋肉のコリによって圧迫さ
れて、神経症状が現れると考えています。その原因と
なる筋肉のコリをほぐして、神経根の圧迫を取り除く
ことにより、頚椎症に対応しています。

 

当院の治療法

頚椎症の方は、頚部や肩甲骨の周囲、上肢に凝りが見
られます。これらの筋肉をほぐして神経根の圧迫を取
り除くことによって、症状を回復させます。

 

患者さんの声


 (I,Eさん 40代 女性 主婦)

首が痛くて、肩が凝って、首から肩、上肢にかけて痛
みがありました。病院に行くと、「頚椎椎間板ヘルニ
ア」と診断されました。手術をする程でもないけど、
首の痛みが気になって、しばらく通院しました。
その結果、手術することもなく、首の痛みが無くなり
ました。

 

お気軽にお電話ください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ