体がだるい

はじめに

だるい2

当院は、私の過去26年、延べ12万人を超える
施術経験を元に、さまざまな症状の患者さんに対
応してきました。

私が経験した体のだるさについて、当院の考え方
や治療方針をまとめてみました。じっくりお読み
ください。

 

何となく体がだるい

別にそれほど無理な仕事をしている訳でもないのに
何となく疲れが残る。休みの日に、家で横になって
寝ているのに疲れが取れない。

 

だるさの原因

これは、運動不足と食の乱れが、関係しています。

運動不足になると、血液循環が悪くなって、筋肉の
中に疲労物質が蓄積し、筋肉が凝り固まってしまい
ます。

暴飲暴食

冷たいもの、甘いもの、脂っこいものを食べると、
内蔵に負担がかかり、内臓が凝ってしまいます。

内臓が凝ると、内臓機能の低下を招き、身体の調子
が悪くなります。つまり筋肉のコリと内臓のコリが
体のだるさの原因です。

筋肉や内臓の凝りは、CTやMRIでは写りません
ので、病院で検査をしても、わかりません。検査を
して異常がなくても、疲れやすい、体がだるい、元
気が出ないなど不快な症状があれば、筋肉や内臓が
凝っている可能性が高いです。

そのような場合は、入院したり、手術するような病
気ではないので、整体やマッサージが有効だと思い
ます。早めにご来院ください。

 

予防法

筋肉が凝って、身体の調子が悪くなったら、整体やマ
ッサージで筋肉をほぐし、疲労を回復させます。

内臓が凝って、身体の調子が悪くなったら、内臓を調
整し、機能を回復させます。

その上で、玄米・野菜・海藻などを中心とする食事に
改め、内臓が再び凝らないように、注意してください。

肉・フライ・天ぷら・チョコレート・ジュースなど、
普通に食べる程度でも、内臓が凝ります。

 

当院の治療法

体がだるい方は、背部と腹部にコリが見られます。ま
ず、背中の筋肉をほぐし、その後で内臓を調整します。

すると、筋肉は柔軟になり、内臓は機能を回復させ、
だるさは回復します。

 

患者さんの声

Y.Iさん
<陶芸家>

「3回施術を受けたら楽になりました」
(体のだるさで来院されました)

いつも身体がだるくて、下痢気味で、精神的にもうつ状態でした。顎関節が痛くはないのですが、口が明けにくい状態でした。3回施術を受けたら楽になりました。また、教えて頂いたクエン酸やサプリメント、食生活の改善で、だるさもなくなりました。やはり先生のご指摘通り栄養の偏りだったようです。どうもありがとうございました。

N.Yさん
<会社員>

「日帰りで博多まで遊びに行ってきました」
(体のだるさで来院されました)

いつも体がだるくて、腰も痛くて、休みの日にも家でゴロ寝していました。通院するうちに、次第に元気になって、この前、日帰りで博多まで遊びに行ってきました。

 

お気軽にお電話ください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ