自律神経失調症

はじめに

自律神経失調症4

当院は、私の過去26年、延べ12万人を超える
施術経験を元に、さまざまな症状の患者さんに対
応してきました。

私が経験した自律神経失調症について、当院の考
え方や治療方針をまとめてみました。じっくりお
読みください。

 

自律神経失調症って何なの・・・?

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。
この二つの神経のバランスが崩れると「頭痛がする」
「動悸がする」「体がだるい」など、いろいろな症
状が表れます。

しかし、検査をしても何も異常がない時につけられ
る診断名です。

 

自律神経失調症の症状

自律神経失調症

(全身的な症状)

「体がだるい」「疲れがとれない」「眠れない」
「食欲がない」など。

(身体の各器官に現れる症状)

「頭痛」「頭が重い」「動悸」「めまい」「胸が苦しい」
「冷える」「のぼせ」「吐き気」「胃もたれ」「便秘」
「下痢」など、さまざまです。

 

当院の考え方

自律神経失調症の方は、背中、腹部、頭部、頚部に凝
りが見られます。コリ=緊張なので、自律神経の交感
神経が優位に働いて、いろいろな症状が現れます。

コリが関係しているのであれば、整体やマッサージで
筋肉をほぐすのも有効と考えます。

 

当院の治療法

当院では、身体の筋肉やスジ、内臓、頭蓋骨を調整す
ることにより、ストレスの原因となる緊張を取り除き
副交感神経の働きを促進させて、不快な症状を回復さ
せます。

 

患者さんの声

M,Mさん
<公務員>

「3回目の施術の頃から、やる気が…」
(自律神経失調症で来院されました)

半年ほど前に、仕事が忙しくてパニックになり、頭痛、不眠、過呼吸、めまい、体がだるいなどの症状で自律神経失調症と診断されました。自宅療養して、頭痛はある程度改善したので、職場復帰することにしました。しかし体のだるさは残ったままでした。3回目の施術の頃から、やる気が出るようになり、すっかり元気になりました。

 

お気軽にお電話ください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ