頻尿(トイレが近い)

頻尿2

はじめに

当院は、私の過去26年、延べ12万人を超える施術
経験を元に、さまざまな症状の患者さんに対応してき
ました。

私が経験した頻尿について、当院の考え方や治療方針
をまとめてみました。じっくりお読みください。

 

頻尿について

頻尿とは、おしっこが近いこと。夜間頻尿とは、夜間
2回以上トイレに起きること。

頻尿は非常につらいものです。電車に乗っても、車に
乗っても、会議中でもトイレがしたくなります。

頻尿が進むと、やがて尿もれ(尿失禁)になります。

以前は中高年の女性に多く見られましたが、最近は若
い人にも多く、10代女性の15%、20代女性の20%、
30代女性の30%、40代女性の40%に見られます。

尿意切迫感

体の冷えと、運動不足、食の欧米化(特にトランス脂
肪酸)が原因と考えています。

 

(正常な排尿の回数)

人によって差がありますが、昼間だいたい7回くらい
です。昼間8回以上、夜間2回以上トイレに起きるの
でしたら、頻尿です。

 

頻尿の原因

頻尿の原因としては、膀胱や前立腺など泌尿器系の臓
器に病気が存在して起こるものと、とくに原因がなく
起こる頻尿とに区別できます。

 

当院の考え方

頻尿は、基本的に病院で治療することをオススメします。
整体やマッサージで対応していないと思います。
しかし、病院で治療してもスッキリしない時は、ご相談
ください。

頻尿の方は、臀部、腹部、下腿部に凝りが見られます。
この凝りによって、骨盤底筋群が引っ張られ、尿道活
約筋が緩むために起こると考えています。

また頻尿が続くと、膀胱の容量が次第に小さくなって、
さらに頻尿になると考えています。

※ 頻尿が進むと、やがて尿もれ(尿失禁)になります。

 

当院の治療法

当院では、まず臀部や腹部の凝りをほぐし、骨盤底筋
群の緊張を取り除いて症状を回復させます。さらに下
腹部の凝りをほぐし、膀胱の緊張を緩和させ、症状を
回復させます。

 

※ 着衣のままでの治療ですから、恥ずかしくありま
せん。ご安心ください。

※ 腹部の見つけにくいスジなので、圧迫感のない、
薄くてゆったりとした下着を着用してください。

※ 誰でもあることなので、恥ずかしがらずに電話で
ご相談下さい。完全予約制なので、他人と顔を会わせ
ることは、ありません。

 

日常の注意点

①パン、ドーナツ、ピザ、フライドポテト、チョコレー
 ト、ケーキ、アイスクリームなど、トランス脂肪酸を
 多く含むものを食べると、下腹部がモゾモゾして、頻
 尿になります。最近若い人にも頻尿・尿もれの人が多
 いのは、このためです。

②体が冷えると臀部や鼠頚部が凝って、頻尿になりま
 す。特に、足の裏が冷えると、頻尿になります。

※下腹部(へその下)に貼るカイロを当てると、体全
 体が温まり、症状が改善します。

③便秘すると、膀胱を圧迫したり、骨盤底筋に圧力が
 掛かるので、漏れやすくなります。

④体重が増えても、膀胱や骨盤底筋に圧力がかかるの
 で、漏れやすくなります。

 

個人の対処法

① 骨盤底筋訓練

・尿道や肛門を5秒ほど締めます。
・そして緩めます。
・10回繰り返します。

② 膀胱トレーニング

・トイレに行きたくなっても、5分間我慢します。
・しだいに時間を延ばします。
・排尿時刻と排尿量を、排尿日誌に記録します。

 

患者さんの声

匿名希望
<主婦>

「気にならなくなりました」
(頻尿で来院されました)

1年前、出産してから、トイレが近くなり、緊張すると、さらにトイレが近くなり、すぐにトイレに行きたくなりました。しかし、通院するうちにトイレの回数が減って、気にならなくなりました。

 

お気軽にお電話ください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ