<携帯のゲームで視力が悪化した患者さん>

携帯電話のゲーム
携帯のゲームで視力が悪化した患者さんが来院しました。
この患者さんは毎日携帯電話でゲームを楽しんでいるそ
うですが、次第に視力が悪化し味噌汁の具材を鍋に入れ
るときに、鍋の外に落としてしまう位になりました。

眼科で診察を受けたそうですが、視力が回復せず当院に
来院しました。来院時は付き添いが無いと歩くことも出
来ない様子でした。

こういう場合、目の焦点が合っていないから見えにくい
訳で、失明している訳ではないので施術可能です。

目の調整をすると瞼から涙のような液体が出てきました。
これが十分に出ると調整終了です。

施術後は景色が普通に見えるようになり、付き添いなし
でも普通に歩けるようになりました。

携帯電話のゲームは、ホドホドにしましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ