<梨状筋症候群の患者さん>

梨状筋
梨状筋症候群に悩んでいる患者さんが来院しました。
3ヶ月ほど前から臀部が痛くなり、痛くて椅子に座っ
ていられないそうです。食事も立って食べているそう
です。

初めは近所の整骨院に通院し電気療法をしていたもの
の変化はなく、病院に転医すると梨状筋症候群と診断
され、自分でストレッチするよう指導されたそうです。

梨状筋とは、股関節を動かしたり固定したりする筋肉
で仙骨から股関節に向かってついている筋肉です。
その梨状筋の下から坐骨神経が出ており、神経が梨状
筋により圧迫されると症状が現れます。

施術すると梨状筋だけでなく臀筋群全てが凝っていて
鼠径部も凝っていました。

施術後はやや改善し、椅子に座っても来た時ほど痛く
ないそうです。しばらく通院すれば少しづつ改善する
ので、ご安心ください。

コメントを残す

このページの先頭へ